売却か賃貸か?

転勤が決まり、しばらく帰ってこないような場合には、ご自宅をどのようにするのかということを考えなければなりません。

 

もう、その地に帰ってこないような場合には、売却をすることも良いのですが、数年後には戻ってくるような場合には売却をしてしまいますと、住む家をまた探さなければなりません。

 

そこで、空いている状態には、賃貸をすることもひとつの手段です。

 

どちらにするかは、一概には言えず、資産価値がどの程度あるのか?ローンの残高がどの程度あるのか、ということを考えなくてはなりません。

 

賃貸の場合は、会社員として大家さんになるということになりますので、それなりに対応しなければならないことも多いです。

 

賃貸の場合の家賃収入がどの程度あるのか?ということが大きな要素となるのですが、住宅ローンの金利は低いので、単月の支払い分と収入を考えますと、儲けにつながることになります。

 

また、管理費や修繕費、固定資産税、金利分などが経費として計上できますので、控除をすることができます。

 

しかし、ご自身で賃貸の経営をすることになりますので、敷金や礼金、家賃などについて、手間がかかりますし、管理会社にお願いすることになれば、手間はかなり減りますが、費用がかかってしまいます。

 

そして、借主ができたとしても、敷金の返却はしなければなりませんし、水回りなどの修繕費については、ご自身で負担しなければなりません。

 

借主が引っ越しをするような場合には、数か月は家賃収入がありませんので、空室のリスクを背負わなければなりません。

関連ページ

理由は?
流れ
相場