家・マンションが売れるまでの流れ

家・マンションを売却するには、ご自身で対応することは難しいと思うので、不動産会社や仲介業者に任せることになります。

 

しかし、任せる会社をしっかり見極めなければなりません。

 

そんな際に利用するのが、家の一括見積比較サイトです。

 

ここで、ご自身の住宅情報を入力すれば、複数の不動産会社から査定額が提示されます。

 

そして、査定額が適当で、業者として信頼できると思った業者を選んで、売却のお願いをすれば良いと思います。

 

決して1社だけではなく、複数の不動産会社や仲介業者にお願いすることが大切なことです。

 

なるべく早く売りだしに出して、ご自身の新居への移転のタイミングを考えて、売り主として良い条件を引き出すことが必要なのです。

 

早く売りだしに出していれば、新居への入居と売却する家のタイミングが合いますので、余分な費用は必要ないです。

 

早く売却してしまいますと、新居に住むまでの仮住まいが必要になりますし、逆に新居を先に決めた場合には、いつ売却できるか不安に思うと思います。

 

いずれにせよ費用はかかってしまいますので、早めの対応をして、タイミングが良くなるような売却の方法を考える必要があります。

 

おそらく売却金額が決まらないと、新居の購入価格も決定できないような状況になると思いますし、新居に移動しましても、家が売れなければ、税金や諸費用などを負担しなければなりません。

 

最悪の場合は、売りだしの期日までに、新居に移動できないことです。

 

入居者は決まっていますので、家は売り出さなければなりません。

 

その際には、仮の住まいなどに引っ越しをすると、敷金、礼金などもかかりますし、新居への移動の際には、改めて、引っ越し費用がかかります。