家(マンション)を売る理由は?

せっかく購入した家(マンション)を売却する理由はなんでしょうか?

 

少なくともご自身で建てた家なので、手放したくないと思う方がほとんどだと思います。

 

築年数が少ないのに、売りに出されている家は何か問題があると勘ぐってしまいます。

 

通常、家を手放す際には、家族が増えてきてもう少し大きな家でないと生活ができないという理由や、家族の日々の生活に支障が出ているような場合です。

 

また、逆に子供が独立した場合には、大きな家が不要になります。

 

また、資金に余裕があり、新築を考えている場合なども理由のひとつです。

 

そして、ご主人の仕事の転勤で、家を手放すパターンや、職場が変わり、駅に近い場所に移動をしたいというようなケースです。

 

以上はご自身やご家族の環境が変わった場合の、前向きな引っ越しですが、例えば、ローンの返済ができずに、売却するケースや、近所の人ともめるなど、馴染めないことも理由のひとつです。

 

そして、離婚をしてしまった場合や、環境が良くないような場合にも家を売却して引っ越しをするケースもあります。

 

また、あまりありませんが、自殺や殺人事件などがあったような土地の場合にも、家を売却することになります。

 

自殺などがあったような場合には、購入者に伝えなければなりません。

 

購入する側にとっては、住みよい環境であることが望ましいです。

 

ですから、ご近所の方々の属性などを知りたいところですが、与えられる情報は少ないので、ご自身でご近所に住んでいる方や、環境について調べることも必要です。

関連ページ

賃貸か?
流れ
相場