第一印象が大切

 

家やマンション)を売却する際には、できれば有利な条件で売却をしたいと誰しも思うはずです。

 

売り手と買い手は全く考え方が異なります。

売り手はいかに高く売るか、買い手はいかに安く買うかということになると思います。

 

売却をする人にとっては、相手のことは考えずに、言い方は悪いですが、地域の環境などの説明を怠ったりすることもあると思います。

 

当然のことです。高く売りたいのですから、いかに高く売却できるかということを考えるのですが、実際に経験もしたことがないようなメリットを買い主に伝えることは避けた方が良いと思います。

 

もちろん買い主が納得してくれれば別なのですが・・。

 

基本的には相場を理解して、その価格で売却することが最もよろしいと思います。

 

異常に、ご自身の住宅の良さを説明しても、逆に思い入れが強すぎて、買い主にとっては、全く興味がないこともありうるのです。

 

基本的には、売り主は正直にご自宅の状況を伝える必要があると思います。

 

仮に過度なアピールをしても、逆にイメージが悪くなるようなケースもあると思います。

 

いかに自分の家を見てもらえるかということが大切なことです。

 

一見して嫌だと思うような状態では、落第だと思いますし、普通の人が興味を持たないような部分を一生懸命説明しても、マイナスイメージになるばかりです。

 

誰でもそうだと思いますが、あまりにも売りたいという態度を取ると、何か問題があるのではないか?などと疑ってしまいます。

 

家を売る際には紳士的で、正直に説明することが大切だと思います。