適正価格の把握

売り手にとっての適正価格と買い手にとっての適正価格は異なります。

 

立地などが良いと感じていても、用途地域により、売却価格は異なります。

 

用途地域により地価は異なるのです。

 

例えば商業地域だとか工業地域などにより、かなり地価は異なると思います。

 

売却時の適正価格については、不動産会社にお願いすれば、提示をしてくれると思うのですが、不動産会社としては、早く物件を売却したいという意識が働いて、安い相場を提示してくる場合も多いです。

 

ですから、家や土地の売却を考えているならば、専門家の不動産鑑定士などに査定をしてもらうこともよろしいと思います。

 

お願いすれば大体の相場は理解できると思います。

 

しかし、不動産会社も、しっかり売却をしなければ利益もありませんので、しっかりと査定をしてくれてくれるはずです。

 

もし、物件が売れなければ、経費だけ負担して、儲けはないのです。

 

不動産会社や仲介業者は、売り手と買い手の事情をよく把握しています。

 

会社の利益も考慮するのですが、仲介業者として、より良い条件の売り出し価格を設定してくれると思います。

 

当然、買い手の要望もしっかり把握した上で、金額の提示をしてくれますので、悪徳な業者でなければ、手数料を支払っても、お願いするとよろしいと思います。

 

早く売却したい、のんびりと売却を考えたいという売り主の希望により、対応をしてくれるのが専門業者です。

 

早く売却したいような場合には、値引きをしなければならないような状態になってしまいますので、売り手として有利な条件になるようにすべきだと思います。

 

そのための最も良い方法は、早く動くことです。