リフォームをすべきか

家やマンションを売却する際には、そのままの状態で売却をするのか、それともリフォームをして売却をするのか、いずれが良いか悩むものです。

 

当然、リフォームをしたからには、売却価格が上がらなければ、本末転倒です。

 

家の売却時には、税金や手数料などのさまざまな費用がかかりますので、実態は、そのまま売るというケースが多いようです。

 

しかし、居住価値があるような家屋の場合には、最低限の改善工事をすることで、より高く売却することもできるのです。

 

ですから、リフォームをすることはバクチの要素も強いです。

 

そのためには、不動産業者の意見を取り入れるとよろしいと思います。

 

買い手の要望などをしっかり把握していますので、的確なアドバイスをしてくれると思います。

 

また、インテリアコーディネーターは、デザインにかかわるプロですので、アイデアを提供してくれると思います。

 

そして、リフォーム工事店に質問するのもよろしいと思います。

 

では、どの部分をリフォームするのでしょうか?

 

まずは内外装です。

 

外部の塗装や室内の壁や床の張替えなどです。

 

そして、水回りです。トイレやキッチン、浴室などです。

 

しかし、水回りのリフォームについては、数百万円かかることもありますので、費用対効果を考えますと、あまりメリットはないと思われます。

 

そして庭木があるような場合には剪定をすることや伐採をすることもよろしいです。

 

また、リフォームではないですが、家財の整理をしますと、部屋が広く見えます。

 

そして整理整頓と清掃をすることで清潔感を高めることも必要です。