専任媒介と一般媒介

家やマンションの売却をする際の不動産会社との契約にはいくつかの方法があります。

 

ひとつは、専任媒介契約です。これは、1つの不動産会社に売却をお願いする契約のみで、他社へ依頼をすることはできません。

 

万が一他社の媒介で売却が成約しましたら、罰則金が発生します。

 

そして、ご自身で買い手を見つけた際には、営業経費などの費用を支払う必要もあります。

 

そして、依頼を受けた仲介業者は、売り主に2週間に1度以上の状況報告が義務付けられます。

 

そして、専属専任媒介契約です。これも1つの不動産会社との契約のみです。

 

そして、本人が買い手を見つけた際でも成約は厳禁です。

 

万が一成約をした際には、違約金を支払わなければなりません。

 

そして仲介業者は1週間に1度以上は進捗状況をしなければなりません。

 

最後に一般媒介契約です。

 

これは複数の不動産業者と契約を締結することができますが、契約する社名を明らかにする必要があります。

 

もし社名を明示しない場合に、成約しますと、営業経費などの費用を負担しなければなりません。

 

いずれの方法でも、契約期間は3ヶ月となっており、申し出をすれば延長することもできます。

 

では、どの契約方法が良いのでしょうか?

 

複数の不動産会社にお願いするのが最も良いと思ってしまいがちですが、そうではないようです。

 

専任媒介契約の場合は、不動産会社にとっては、売却することで自社の利益につながりますので、あらゆる広告ができます。

 

一方で一般媒介契約の場合には、必ずしも自社が物件を売却できるわけではないので、リスクを抱え、あまり積極的に売却する支援をしてくれない恐れがあります。