売り急がないことが重要

ご自宅を売却する際には、できる限り高く売りたいのが心情です。

 

しかし、すぐに買い手が見つかるわけではありません。

 

急な転勤などで、すぐに売却しなければならないような場合を除き、家を売却する際には、早めに売り出すようにすることが大切です。

 

すぐに売らなければならないということは、足元を見られて大幅に買いたたかれてしまうのです。

 

そして、家を売却する際には、ローンを組んでいる銀行との交渉もしっかり対応しなければなりません。

 

売却までの間、ローンの返済が滞ってしまうような状態になってしまいますと、差し押さえの処分を下されることもあるのです。

 

ですから、銀行の担当者に売却について相談して、ローン金額の返済が順調に行えるように準備をする必要があります。

 

また、家の売却と購入の時期が同一でなければ、損をすることになります。

 

先に新居を購入した場合には、元の家が売れるまでは、税金やローンなどの負担もしなければなりませんし、逆に早く売れても新居がない場合には、仮住まいのための、引っ越し費用や礼金、敷金などの費用を負担しなければなりません。

 

いずれにしても、新居を購入する、引っ越しをすると決めましたら、すぐに売りに出すようにして、無理に安く売却することなく、しばらくの間、状態を確認できるようにしておくことが大切です。

 

買主が決まりましたら、新居への引っ越し時期を考慮して、ご自身の希望するタイミングで引き渡しができると思います。