良い不動産会社へ依頼

家やマンションを売却する際には、不動産業者に依頼をしなければなりません。

 

まずは、大手業者か中小の業者がよいかということがありますが、会社の規模により対応が変わるということはありません

 

。売却を依頼された不動産業者はレインズという、不動産業者で情報共有できる物件情報システムに登録をする義務があります。

 

そこで全国各地の不動産会社に売却物件が公開されることになるのです。

 

良い不動産業者の見分け方は、どのような販売活動をしてくれるかということです。

 

レインズに登録されているだけではなく、チラシやネット、オープンルームなどの営業活動が必要になるのです。

 

一括見積りサイトなどを利用して、不動産業者に査定を受けるのですが、価格のみでなく、どのような方法で販売をするのかといった内容も含めて、確認するとよろしいと思います。

 

業者は、中小企業の方がサービスや対応が良い場合もあります。

 

大手の不動産業者の場合には、新入社員などが対応することもあるのですが、中小の不動産業者は、ほとんどの場合は、不動産業界で経験をして独立をしているケースが多いからです。

 

営業年数が長くとも、スタッフは新人ばっかりだったということもありうるのです。

 

また、中小企業の場合には、仕事を確保したいという思いから、販売手数料などを低く抑えてくれる場合が多いです。

 

ただし、気をつけなければならないことは、中小企業の場合は、悪徳な業者も存在することです。

 

ぞんざいな対応や質問にしっかり答えられないような場合は要注意です。