売却だけの場合

家やマンションを売却する際には、高額な費用などがかかりますので、まずは、しっかりした不動産会社を選択することが大切なことです。

 

ですから、一括査定サービスなどを利用しましょう。そして、不動産会社を決めましたら、売却の相談をすることが大切です。

 

売却する理由や権利関係、ローンの借入れ残金について説明します。

 

その後は、しっかりした査定価格を出すために、不動産業者が物件の確認やお住まいの近くの売買事例や希少性などについてしっかりチェックをした上で査定金額が決定されます。

 

その後に不動産会社と媒介契約を締結します。

 

媒介契約には種類がありますので、契約時に確認されるとよろしいです。

 

その後は、不動産会社が買い手を募るために、レインズへの登録やあらゆる広告媒体を利用して売却する家の宣伝をします。

 

そして、この活動の経過は、基本的には売り主に定期的に報告されます。

 

そして、購入希望者がでてきましたら、現地の見学をしてもらいます。

 

その後は買主と契約条件を決めて、売買契約の手続きを不動産会社が進めます。

 

不動産会社に手付金を支払い、契約が締結されますと、権利・義務関係などが確定し、その後契約書に従って、義務を遂行しなければなりません。

 

家の引き渡し日までに、決められた手続きをする必要があります。

 

また、残代金の支払いや固定資産税の処理、登記の申請や鍵の引き渡しなどの対応が必要になります。

 

以上が済みますと無事引き渡しが完了したことになります。