マンション(家)売却時の諸費用について

マンションや家を売却する際には、あらゆる手数料がかかります。

 

ですから、住宅ローンの残債と同様の価格で売却できたとしても、赤字になる可能性がありますので、注意が必要です。

 

それでは、どのような諸費用がかかるのでしょうか?

 

まずは、不動産会社や仲介業者に支払う仲介手数料です。

 

不動産会社により異なりますが、上限は取引価格×3%+6万円(税別)となっています。

 

良心的な不動産会社ならば、上記より安い手数料になることもありますが、ほとんどの場合は上限金額を適用しています。

 

そして、直接、不動産会社とかかわりのないことですが、家のリフォームをする場合や更地にするような場合には、特別な費用がかかることになります。

 

特にお風呂やキッチン、トイレなどの水回りの修繕をしますと、数百万円かかることもありますし、壁や床などのハウスクリーニングをする際にも、かなりの費用がかかります。

 

ですから、家を売却する際に発生する可能性のある費目を一覧にまとめて、ひとつひとつチェックする必要があります。

 

居住用住宅がある場合と更地の場合では、税金も異なりますし、解体費用を売り主か買い主が負担するかを決めておくことも大切なことです。

 

解体費用は結構費用がかかるのです。

 

できるだけ家は高く売りたいと誰しも思うはずですので、不動産会社の担当者の方に、リフォームをすべきか?更地にすべきか?など、税金の負担と諸費用をトータルで考えてもらうことが必要です。