買い替えの場合

家やマンションを売却して、新たな家に住み替える場合には、売却の代金が全てご自身の手元に入ってくるわけではありません。

 

さまざまな諸費用や税金、登記費用などがかかるのです。

 

以下にかかる費用について説明します。

 

まずは、契約時に必要となる印紙代がかかります。

 

そして、売却による利益により所得・住民税の支払義務が生じます。

 

税率については、一律ではなく、所有期間などにより異なります。

 

また、対象物件の固定資産税も支払わなくてはなりません。

 

そして、所有権保存登記などにかかる税金として登録免許税がかかります。

 

そして、手数料では、不動産会社などに売買の契約が成立した場合に仲介手数料を支払う必要があります。

 

この手数料は、売買が成立した場合のみ支払うもので、成立できなかった場合には、支払の必要はありません。

 

手数料は、おおよそ3%程度ですが、不動産の売買価格により左右されますので、しっかり不動産業者に確認をする必要があります。

 

また、銀行でローンを組んでいる人は、売却代金で、住宅ローンの繰り上げ返済やローンの完済をする必要があり、その際にも手数料が発生します。

 

そして、不動産の抵当権をなくすための手続きも必要になります。

 

その際にも費用がかかります。

 

そして、保存登記や住所変更登記費用がかかりますし、登記に関して司法書士に依頼をした場合には、司法書士への報酬を支払う必要があります。