マンション(家)売却時に必要な書類など

マンションや家の売買は、大きなお金が動きますので、売り主、買い主ともしっかりした法的な手続きをすることが必要です。

 

特に売り主の場合にはさまざまな書類が必要になりますので、以下に必要な書類について説明します。

 

まずは、売買契約書です。

 

契約した日付、代金、土地の所在地やなどが記載されており、署名捺印することで契約が完了します。

 

そして登記済権利証が必要です。

 

不動産を売却して代金を受け取る時に必要になる書類です。

 

そして運転免許証などの身分証明書、実印、印鑑証明書、固定資産税納付書、銀行口座の書類、ローン残高証明書、住民票、土地測量図面が必要になります。

 

これはどの部分を売却するかということを示す書類で、隣接した住宅との境目を明らかにするために重要になる書類です。

 

また、建築確認通知書も必要です。

 

これは当該不動産が建築基準法に則って、建築されているかを証明するものです。

 

また、建築設計図も将来のリフォームなどを想定しますととても重要な書類です。

 

そして、地震の被害が多い中で、建物の耐震性についての報告書も必要になります。

 

必ずしも必要な書類ではありませんが、後々のトラブル回避のためには必要な書類だと考えた方が良いでしょう。

 

また、マンションの売買においては、どういった管理がなされているのか、居住するにあたってどんな決め事などがあるのかを定めていますので、買い主にとっては、重要な情報です。

 

マンションの場合には、多くの世帯が住んでいますので、細かい規約をしっかり把握していないと、買い主がご近所に迷惑をかけることにもなります。