一戸建て住宅の場合

一戸建ての注文住宅のような場合には、個人的な思い入れがあり特徴的な部分もあるので、なかなか買い手が付かない可能性もあります。

 

しかし、いくらで売れるのかがわからないことには、なかなか前に進みません。

 

インターネットの一括見積りサイトを利用して、相場を理解して、お願いする不動産会社を選ぶことが、家の売却の第一歩です。

 

しかし、あまりにもたくさんの不動産会社にお願いをしてしまいますと、営業の電話が頻繁にかかってくるなどの対応に苦労してしまいますので、3社程度に絞るとよろしいと思います。

 

マンションなどの場合には、査定額が業者により大きく変わることはありませんが、一戸建ての場合には、不動産会社により査定額が異なります。

 

市場ニーズを読むのが不動産会社ですが、売買事例などがあまりない地域での査定は、各社それぞれの基準ですので、大きな査定額の差が生じることもあります。

 

そして、物件にマイナス要因やリスクなどがある際には、その部分をどのように判断するかにより、査定価格は異なるのです。

 

そして、複数の査定価格を入手できた場合、1社だけ特別に高いような場合には注意が必要です。

 

家の売却をすることが最終的な目的なのですが、市場のニーズを把握することができておらず、売却の依頼を受けることだけを優先してしまう営業マンもいるのです。

 

高く売り出せば、その分売れる可能性も低くなりますので、さらし物件として、いつまででも売れない状態が続く恐れもあり、まわし物件として、他の物件を売るためのツールとして利用されてしまうこともあるのです。