田舎の家や土地

両親が亡くなっても、田舎に家を持っている人も多いと思います。

 

代々住んでいた家なので、簡単に売ることに躊躇される方がいると思います。

 

そんな際には、売却すること、更地にして維持すること、家を貸すこと、現状維持にすることの選択肢がありますが、デメリットもあります。

 

まずは利用もしていないのに維持費がかかることや、時々庭の手入れなどの管理も必要ですし、お金の面で言えば、固定資産税を支払わなくてはなりません。

 

特に先祖代々の家だからと言っても、躊躇いのない方は、不動産業者を通じて売却してしまうこともよろしいと思います。

 

定年を迎えるような人は、ゆっくりと田舎で過ごしたいと思われる人も多いので、需要はあるのです。

 

そして、家の査定は複数の不動産業者にお願いするようにしましょう。

 

そして、更地にして維持をしようと考える人もいると思いますが、家の解体費用がかかるとともに、税金の軽減措置がなくなってしまうために、固定資産税の負担が大きくなることも考えられます。

 

そして、田舎であったとしても、十分に住めるような状態ならば、貸すという選択肢もあります。

 

家賃収入はありますが、修繕などをしなければならないので、あまりメリットはありません。

 

そして、現状のままにしておくことです。

 

しかし、田舎で利用していない家は、前述のようなデメリットもありますし、お子さんに引き継ぐ場合もあります。

 

しかし、管理とお金がかかりますので、いつかは売却することを考えなくてはならなくなると思います。

 

そのためには、家の査定額がどの程度なのかを常に理解しておくことが必要です。