共同名義の家や土地

共有名義の家や土地とは、不動産全体の何割かの権利を有しているのであって、土地を持っているわけではありません。

 

ですから共有名義の家や土地を売る際には、共有者全員の同意と承諾が必要になります。

 

勝手に処分をすることは違法になります。

 

もちろん、共有者のうちの一人に名義変更をして売却することもできますが、名義変更をする際には、共有者全員の同意が必要です。

 

法的には、自分の持ち分を売ることは可能ですが、例えば2分の1の持ち分だけを購入する人はいません。

 

半分だけ売りたいならば、共有物分割の協議が必要になります。

 

土地を半分にしっかり分ける必要があります。

 

しかし、共有物分割の協議にあたっても、共有者全員で協議をしなければなりませんので、共有者の中で一人でも反対する人がいれば、分割に応じることはないので、結局、共有名義の土地は共有者全員の承諾が必要になるのです。

 

また、例えば3人で共有名義の不動産があり、一人の方に現金が必要になった際には、残りの二人が、現金の必要になった人に代金を現金で支払い、その後残った二人で共有名義にするという方法もあります。

 

そして、不動産を売却した場合には、自分の持ち分に従って金額を受け取ることになります。

 

必ず守らなければならないことです。

 

従って、受け取った記録をしっかり記帳しておきましょう。

 

記録がない場合には、贈与税の対象になります。

 

共同名義は兄弟などの場合が多いです。

 

協議を円滑にしませんと、もめてしまいますので、注意が必要です。